即日融資の条件

必要書類等の事前準備

即日融資を可能にするためには事前に必要書類の準備や銀行口座開設をしておく必要があります。
必要書類としては身分証明書や収入証明書類などになります。
身分証明書は運転免許証や健康保険証、パスポートなどです。
また収入証明書類は源泉徴収票や確定申告書などです。
収入証明書類は少額の借入であれば原則不要となるのが一般的です。
さらに銀行の口座開設も不要なところがあります。
したがって少額の借入であれば必要書類は身分証明書だけで済むこともあります。

 

即日融資を受けるためには申し込みの日に審査を行って審査回答を受ける必要があります。
申込みの時間によっては即日に審査回答を受けられないこともあるので申込みは早めにしておく必要があります。

 

審査に際しては申込み当日に原則的に勤務先へ電話で在籍確認が行われます。
在籍確認等により安定した継続的な収入があると判定され、さらに他社ローンの利用履歴等に問題がなければ返済能力があると判断されることになります。
返済能力があると判断されれば審査はスピーディに通過するでしょう。

即日に借入金を受け取るための条件

自動契約機の利用不可なローン会社

ローン会社の中には自動契約機の利用ができないところがあります。
このようなローン会社では即日融資の手段が振込に限定されてしまうのが一般的です。
この場合、審査回答を出すまでに銀行振込みの当日扱いの時間が過ぎてしまうと即日融資は受けられません。

自動契約機の利用可能なローン会社

自動契約機の利用が可能なローン会社の場合は自動契約機の営業終了時間までに契約が完結してローンカードの発行を受ければ、
コンビニなど提携ATMなどで借入金を受け取ることができます。

深夜の借入も可能か

自動契約機の営業終了時間までに契約が完結してカードを受け取れることができれば、24時間営業の提携ATMなどで深夜に借入金を受け取ることができます。
また、勤め先の営業時間を過ぎてしまい電話での在籍確認ができないときでも、即日融資が可能になる場合があります。
このような場合に、自動契約機の営業終了時間までに必要書類を自動契約機に持参することにより対応可能にするローン会社があります。
たとえば新生銀行レイクは21時になる前までに自動契約機において必要な操作すれば即日の審査を受け付けてもらえます。
その際、社会保険証もしくは組合保険証、給与明細書のいずれか一点の書類によって在籍確認を認めてくれます。
そして、審査を通過すれば22時までにカードが発行され、提携ATMなどで深夜に借入金を受け取ることができます。

土日の借入も可能か

土日や祝日の即日審査で最もネックになるのは勤め人の在籍確認です。
勤め先が土日や祝日が休みであれば電話での在籍確認を行うことができません。
しかし、上で述べたように、書類によって在籍確認を認めてくれるローン会社を利用すれば土日や祝日の即日審査が可能になります。
そして、契約を完結して自動契約機でカードが発行されれば借入金を受け取ることができます。

おすすめサイト

サイトタイトル:キャッシング審査KS8|審査通過を目指す!おすすめ借入ランキング
URL:http://www.ssehvusa.org/
キャッシングの審査基準を知りたい方におすすめのサイトはこちら。
審査通過基準だけでなく夜中にキャッシングするコツを知ることが出来ます。