キャッシングの在籍確認は回避できるのか|お金借りる即日深夜GO

キャッシングの審査には在籍確認が必須となる金融機関が多いです。カードローンは無担保、無保証で融資が可能というのがセールスポイントですので、万が一返せない場合は、保証会社が代わりに弁償する必要があります。そのため、審査では、申込の際の情報が間違いないか、確実に勤務先に在籍しているかを確認し、返済能力があるかどうか見極めることが必要なのです。
しかし、ローンの体験談が記載されているサイトを読むと、代替の書類を提出することで、在籍確認がなしになったとか、会社が私用電話と判断して電話受付に一切応じない場合に、在籍確認ができる書類をファクスかメールフォームから送信してほしいと連絡が来て、提出したら審査に通ったという話が記載されています。
この代替書類とは、社名が記載されている健康保険証や、直近の月の給与明細となることが多いです。
健康保険証には、勤務先の企業名が記載されていて、在籍していることから所持が可能となっているものですし、申込日に近い日付の給与明細があるということは、確実に在籍しているだけでなく、収入を得ている証拠となるため在籍確認の代わりとなります。なお、国民健康保険証は、勤務先の名前が記載されていないので、提出できません。ローンカードなしで、確認の連絡が一切不要なカードローンについても、これらの書類の提出で済むようになっています。
ただし、在籍確認なしにできる方は、キャッシング利用やクレジット利用に一切問題がない方であることが多いです。ローンを組んだこともなく、クレジットカードの申し込みや利用も一切ない方や、返済遅れや滞納などの問題がクレジットヒストリーに残っている方は、信用度が低いので、書類の提出をしても電話がかかってくる可能性が大きくなります。