カードローンで使われる「与信」とは|お金借りる即日深夜GO

「与信」とは、簡単に言うと「信用」です。カードローン会社は契約が成立した段階で「いくらまで利用できます」と言ったを事決めることになりますが、この時点では「本当にその人が借りたお金を返してくれるかどうかは不明」です。その人に対して「このくらいなら大丈夫だろう、このくらいの返済能力はあるだろう」という過程の上で金額を決定している訳ですが、つまりは「信用の価値」が金額として表されている状態になります。

 

このように、相手に対して「信用を与える」という事が与信であり、決定された借入上限金額の事を「与信枠」と言います。審査の過程では信用が様々な見方で評価され、最終的に与信枠が残れば契約、無くなってしまった場合は否決されるというのが簡単な流れです。

 

こうした信用は「保証人や担保の有無」でも大きく変わります。カードローンなどは原則的にどちらも不要としているものが多いのですが、カーローンなどは車や住宅などが実質的な担保となるので比較的融資が実現しやすくなります。より確実性が高い会社に申し込みをしたいという事ならば、ランキングサイトが発表している「審査に通りやすいカードローン」などを参考にすると良いでしょう。

 

消費者金融と銀行では前者の方が基準が低く設定されていると言われますが、必ずしもそうとは限らないという事も覚えておきましょう。何よりも、それぞれを比較した場合には銀行の方が圧倒的に高条件で利用出来る場合が多いので、難易度だけでなく「利用後の環境」についてもしっかりと検討することが大切です。